レモンの皮で手作りのダニよけスプレーを作ってみた (海外在住編)

数日前、身体のいたるところに (特に足首、お腹、背中)赤いポツポツができていることに気づく。蚊か?と思っていたけど、こちらNZはただいま冬。調べてみたところノミかダニだということに気づく。
P7275811

ノミやダニの刺された跡は、蚊と違って集中的に刺した跡が残っている。しかも蚊に比べてカユさが半端ないのです。もうこれ以上刺されたくない!

 

レモンの皮とダニの関係

自然派志向なので、何か手作りでできるものはないかと調べ、めぼしいものを見つける。それがレモンの皮のダニよけスプレー。どうやらレモンの皮に含まれるリモネンという成分が、ダニがSOSを求める時に仲間に発するニオイに近いことから、その匂いを嫌がり逃げ去るようになるんだとか。死にはしないようだけど、まぁ部屋から出て行ってもらえばいいか。

しかも普段レモン汁を絞ったあまり物で作れるから(普段はレモンの皮は料理の最後に香りづけに使うけども)なんとも有効活用な方法。

 

DSC_0041

準備するものと作り方

  • 無水エタノール… 200ml
  • レモンの皮 … 1個分

作り方は簡単。レモンの皮を剥き小さく切り、無水エタノールに30分〜1日漬け込む。するとレモンの皮かリモネンが溶け込みエキスを抽出するので、そのエキスをスプレーボトルに入れ完成。

 

使い方

ベッドや寝具・カーペットなど、ダニのいそうなところににシュッシュする。レモンのいいかおりと、程よいアルコールの香りが漂います。毎日スプレーし、ダニを寄せ付けないように3日は続けましょう。後は様子見で1週間に一回などと感覚を空ければいいと思います。

 

 

海外に住む方編

日本では無水エタノールは薬局に行けばすぐ買えるのだけど、海外の薬局って中々見つからないのです。英語ではEthyl EthanolEthyl Alcoholなどと呼ばれているそうなのですが、どの薬局に行っても日本に売ってるような安価のものが見つかりませんでした。

ウォッカやジンなどのアルコールを用いる方法も見つけたのだけど、もう1つ発見。それが除菌アルコールジェル(Hand Sanitizer)。ニュージーランドでは$3.5で250mlと割と安価で売っていました。

成分表示を見てもアルコールが62%入っていたのでとりあえず役目は果たせています。

DSC_0042

無水エタノールの代わりに除菌ジェルをレモンの皮に浸し、同じようにスプレーを作ります。

 

 

中間結果報告

現在スプレー2日目。今のところこれ以上は刺されていません。あとは刺された跡がひくまで増えなければいいのだけど。。どっちにしろ、スプレーするとレモンの香りに癒されてアロマ効果もあると思います。普段からダニが発生する前にたまにスプレーしておくとベストだと思います。何しろダニに刺されるとものすごーい痒いので。。。

 

その後の報告

数日に一回スプレーしていますが、初日にスプレーして以来刺されなくなりました。というわけでこのスプレーは効いていたという結果になりました。今は刺された跡を消すのに四苦八苦しています。

 

実はエッセンシャルオイルでもあった

その後、このバグスプレーは実はレモンのエッセンシャルオイルでもあったことに気がつきました。というわけで虫も退治でき、アロマ効果もあり一石二鳥のアイテム!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

www.000webhost.com