料理で余るあの部分を利用してリサイクル栽培を楽しむ

ここニュージーランドは、日本と逆でもうすぐ春を迎えます。

そんな中、家の庭先で綺麗なお花を見つけました。

2018-08-17_04-03-31

おぉ、水仙が綺麗に咲いているではないか。。

いや、これは確か前に植えたネギの端くれではないか?

そう、もう一度ネギを栽培しようと植えた結果、ネギのお花が咲く季節だったらしく、ネギではなくネギのお花が咲きました

 

ちょっと本当に自分で植えたネギか自信がなかったものの、根元を見たら、私が切ったネギの部分が残っていました。
2018-08-17_04-04-10

 

リサイクル栽培をしようとした結果、まさかのお花で終わってしまいましたが、観賞用に和ませてくれました。今回はネギを再利用したものの、他の野菜も育成できるので、私が過去に育てたリサイクル栽培をご紹介。

 

リサイクル栽培のやり方

野菜の根っこになる部分を1〜3cmほど残して植えるだけ。肥料などをあげて大切に育ててあげれば、再び野菜を育てることができます。ただ、元の野菜より立派に育つ可能性は低いのが現実です。小さく育つ可能性大。

2018-08-17_04-02-32

 

リサイクル栽培に向いている野菜

ネギ、ほうれん草、人参(葉っぱのみ)、キャベツの芯、レタスなどなど

 

(↓新しく生えたほうれん草)
12718_859979800682637_4471932693172271012_n

(↓人参の茎の部分。収穫は葉っぱのみ)
10297565_859979517349332_7102030914013815141_n
(↓レタスの根っこを植え直したもの(左)、キャベツの芯(右))
10371606_859979714015979_7751135592477135896_n
(↓ネギが新しく生えてきたところ)
10382820_859979604015990_1696652747982276307_n

あわせて読みたい

www.000webhost.com